What a Wonderful World

大阪に棲息してる、Jazzと日本酒と自転車と本が大好きな人間のよしなしごとを・・・・
 
 
プロフィール

えみぞう

Author:えみぞう
大阪に生まれて、
徳島に行き、
滋賀に移って、
大阪に舞い戻り、
その後は、
華のお江戸に行って、
お江戸の水があわずに、
大阪に戻ってきた、
通天閣を見ると安心する

アメショー柄の ねこ です。

ここから、メールできます

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
CalenderArchive
Facebook

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてと、大晦日 

テレビを見ると、200X年代の終わりとか、やってる番組がある。

90年代は、学校を出て、どっかのCMじゃないですが、24時間戦えますかって、
ものすごく狭い世界の中で、プライベート無く、家電の開発をやってた。
それはそれで楽しかったけど、大切なモノを、犠牲にしたのかなと思う。

200X 年代は、色々と、自分の中の価値の判断基準が変わって、

90年代には、凄いなぁと思っていた人が、久しぶりに会うと、
そうでもないなぁと思う様になったり、

90年代には、凄いと思っていなかった人が、
凄いと思う様になったり、

2人の人との出会いが、この十年では、一番大きかったのかな。
あとは、インターネットかな、想定してたのに比べて、2倍のスピードで、ここまで来た。

さて、次の十年は、どうなっているのやら、
十年後、このブログを見直せる機会があるんやろうか。

ちょうど、10年前の今日は、コンピューターの y2k 対応で、
業者さんと、必死にやってた記憶がある、

まぁ、年末年始は、止められるシステムだったので、
全員の仕事が終わってから、一旦、システムを落として、
業者さんと二人で、システムを入れ替え、チェックを行い、
問題ない事を確認したときには、誰も居ない会社で、二人で、拍手した (^_^)

自宅に帰ってからは、やっぱり、y2kが怖かったので、
夜中1時くらいまで、テレビを見ていた。
あの騒ぎは、なんやったんやろう(笑)

10年目の今年は、10年ぶりに、システム絡みで、これから、仕事。
年が変わるまでに、終わらせたい

10年前と変わってへん(爆)
スポンサーサイト

Back on the Block 

今日も、久しぶりに聴いた一枚

最近、電車の中で、良く聞くのが、これ。

Back on the BlockBack on the Block
(2005/08/09)
Quincy Jones

商品詳細を見る


確か、大学に入ってしばらくした頃に、ひたすら、聴いてた気がする。
さすが、Quincy Jones 贅沢なメンバーをそろえたなぁと思う。

これを聴くと、高校生の時に聴いてたモータウンを思い出す。
これを聴いてた頃に、モータウンを聴けへんようになった。

テレビを見て思ったこと 

こんなことを書くと、理屈っぽいから、
女の子にもてへんのやと、人に、後ろ指をさされそうですが(笑)

最近、化粧品やその周辺の企業の CM を、見てると思うこと、
ナノ(大きさの単位:10億分の1m)化粧品っていうのを、CMで見ますけど、

まぁ、流行ってるかどうかは、知りませんが、

ナノオーダーって、物性が変わるという認識(ナノテクノロジー)でいるので、
ナノオーダーのものを、皮膚に塗って大丈夫なのかなという気が、、、、

皮膚の細胞が、ナノオーダーのもう一つ下の
ピコオーダーなら、入ってこないと思うんですが、

皮膚を通して、血管の中とかに入ってきた時に、

そこの安全性の検証・実験ってできないんじゃないの?
悪さをしないのかなぁ?

って、ふと疑問に思ってしまう、自分はやっぱりエンジニア(^_^;;)

もしかして、実験してて、安全ということが分かっているなら、
ごめんなさい。

と思って、少し見てみると、やっぱり、両論あるみたいですね。

こんなんも大好きです 

お堅いジャズ好きには、怒られるのかも知れませんが、

こんなんも、大好きです。
この二枚は、イロモノじゃなく、
ちゃんと、アレンジも考えて、小ネタを交えて、真剣にやってます。
小ネタを見つけるのが、結構楽しかったりします。

二枚とも、確か、買ったときは、自主制作で、もう手に入らないと言われてたがするんですが、
Amazon に出てますね。

この後に、2匹目のドジョウを狙って、同じコンセプトのんが、何枚か出てきた記憶が。w

TV Jazz(昭和40年代篇)TV Jazz(昭和40年代篇)
(1998/04/21)
矢堀孝一八木敬之

商品詳細を見る


↑のアルバムで、好きなのは、

さわやかなソプラノサックスの天才バカボン

あの雰囲気の妖怪人間ベム
かな

ティーヴィー・ジャズ・セブンティーヴィー・ジャズ・セブン
(1998/10/30)
TV Jazz

商品詳細を見る


↑では、
仕事人のテーマの「荒野の果てに」

キカイダーの悪魔の笛
かな

ちなみに、
テレビ放送の時の仕事人の出だしのあのラッパを吹いてるのは、

宮岡信夫さん
http://brownie.is-mine.net/

昔は、あのラッパの音に憧れて、練習してました。

ライブしてはる時に、そういった話をしていると、1,2回、目の前でやってくれました。
その後は、店の人間が、気を利かせて、頼んでくれる様になったのですが、
いきなり、あのハイノートを吹いてもらうのが、申し訳なくて。。。。

Spain 

今日も、またまた、久しぶりに聴く一枚

Spain は、一時期、はまっていて、かなり沢山集めた。

でも、一番気に入ってるアルバムは、
ひねくれてるので、Chick Corea ではなくて、
こっち。

SpainSpain
(2000/06/13)
MICHEL CAMILO & TOMATITO

商品詳細を見る


MICHEL CAMILO もかっこいいですけど、
TOMATITO のフラメンコギターが、かっこいいです。

テレビのCMから 

今日も、久しぶりに聴く一枚。

ロシュフォールの恋人たちのサントラ

ロシュフォールの恋人たち ― オリジナル・サウンドトラックロシュフォールの恋人たち ― オリジナル・サウンドトラック
(2002/05/02)
ミシェル・ルグランサントラ

商品詳細を見る


確か、三菱の車のCMで流れてたはず、と言うか、↓を見つけた。



これを聴いて、すぐに買いに走った記憶がある。

1曲目の「Arrivee Des Camionneurs - キャラバンの到着」
Michel Legrand の曲なので、安心して聴いてられる。

1年くらい前かな?
youtube で、「ロシュフォールの恋人たち」の動画を見てから、



良い映画だとおもうんですが、
聴いてると、踊ってる場面が出てきてしまうので、何となく、にやけてしまう。。。。。。

一度、映画をちゃんと見ないといけないですね。

とりあえず、Twitter 

ようやく、Twitter のアカウントを作ってみた。

フォローしていかないと、
本当にタダの独り言になるんやろうなと思いながら、
でも、つぶやく気にならへん。

とりあえずは、このブログにもはっときます

ライブ 

今日も、久しぶりに聴いた一枚。
タイトルは、思いっきりそのまんま。

これは、結構最近、4、5年くらい前に、マイブームになってた、一枚。

ライヴ (Louis Van Dijk & Rosemberg Trio)ライヴ (Louis Van Dijk & Rosemberg Trio)
(2004/12/20)
ルイス・ヴァン・ダイク・アンド・ザ・ローゼンベルグ・トリオ

商品詳細を見る


ボーカルの アン・バートンの後ろで、ピアノを弾いてた、ルイス・ヴァン・ダイクが、
ギタートリオと出した、ライブ盤。

ピアノとジプシーギターが、お互いに入って欲しい所に、入ってるし、
後ろのリズムギターもベースも、めちゃめちゃかっこいい。

こういうのを、ライブで、聴きたいなぁ。

ちなみに、ボーカルは、あんまり持ってないんですが、
アン・バートンは、ベタかもしれませんが、↓が一番好き。

ブルー・バートンブルー・バートン
(1999/08/21)
アン・バートン

商品詳細を見る


今日は、誕生日らしい 

今日が、誕生日やったと思う、
もともと、自分の誕生日なんか、どうでも良いタイプ。w

小さい頃も、
実家が、八百屋で、野菜だけはなく、魚とか一式を扱っていたので、
このシーズンになると、正月準備で、忙しかった思い出しかない。

多分、
小学校の1,2年くらいには、ケーキを買ってもらってた気はするけど、
それからは、家の商売を手伝ってた。

学校が、早く終わる今頃は、学校から帰ると、
明日売る、棒鱈の重さを量って、値札を付け、
おせち用のごまめを、20kg位あったのを、100gづつ、ビニール袋に詰めたり、
色々なおせち料理の材料を、袋詰めにしていた。

で、学校が冬休みになると、朝3時くらいから、
市場に行って、魚や野菜のセリ場に立って、競り落としたものを運んだりしていた。

人間、凄いもので、50回くらいやってると、自然と 100g を感じて、
握って入れると、100g とかが、平気で出来る様になる。

こういう経験があるから、人間の手を超える精密機械が出来るわけがないと、
思ってしまうんやろうな。

何となく、憶えてるけど、20kg を詰め終えると、
結構、冷えて、指先の感覚が無くなってた。w

あの頃は、うちの家族、誰もが、思ってなかったな。
将来、仕事で、シアトルに行くなんて w

人生、最初で最後の海外出張 

この前の澤野工房のサイン会の写真を整理していると、
Picasaくんが、昔の画像を、表示してくれた。

その中に、人生で最初で最後の海外出張の写真が、出てきたので、ネタに。

高知~大阪の出張でも、電車で行きたいくらい、飛行機が一番嫌いやのに、
一人で、生まれて初めて、海外出張。

2日前まで、チケットとパスポートが有れば、行けるやろうと、
電車気分でいてたら、周りから、「それだけで良いのかぁ~」と、
慌てて、知り合いに、海外に行くときに必要な書類を聞いて回った。

帰ってきたら、前日に慌てて調べてた男として、伝説になってた。

とりあえず、シアトルの本を買って、アメリカのどの辺に有るのかとかを調べた。

で、この時に、イチローの居るシアトルと気づく

Seatle6.jpg

で、現地でチケットを買って、とりあえず見に行く。

Seatle7.jpg

何か、有名なマーケットがあるというので、そこも見に行く

Seatle1.jpg

八百屋の息子だったので、こういうのを見ると、おぉとなってしまう。

Seatle2.jpg

スタバの一号店も有ると言うことで、そこにも行く。

この茶色のマークは、一号店だけらしい。

Seatle3.jpg

上の段のマグカップは、一号店だけのお土産
Seatle4.jpg

左下のマグカップは、一号店だけのお土産
Seatle5.jpg

そして、郊外にあった、こんな所(マイクロソフトの本社:Microsoft Corporate Campus)も、覗きに行く。

Seatle8.jpg

敷地の中に、一般道が走ってた。

一週間くらい、行ってたので、ちゃんと仕事はしましたよ。w

すっきり♪ 

今日は、待ちに待った、

パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ 日本ツアー
http://jazz-sawano.com/concert_221-2-1.html

CD で聴いてた以上に、ライブの方が、ずっと良かった。
やっぱり、ライブには行くもんです。

贅沢言うなら、ライブハウスで、飲みながら聴きたかった。
でも、東京には、ちょっと行けやんし (T_T)

3人とも、ソロで、ものすごく聴かせてくれて、
スタンダードも、何曲かあったけど、かなり凝ったアレンジで、
久しぶりに、何もかも忘れて、どっぷり、音の中に、沈み込めた。

まぁ、ご愛敬で、隣の席の人が風邪みたいで、
時々、息苦しそうな呼吸が、聞こえてきたけど(^_^)

ドラムソロも二回くらいあって、
久しぶりに、安心して聴けるドラムソロ、かっこよかった。
恒例の終わってからのサイン会で、握手してもらったけど、
手のでかくて、肉厚なこと、そら、あんなけ叩けるわなと。

で、恒例のサイン会での成果 w

20091218_live2.jpg

20091218_live1.jpg

サイン中の三人も、写真に撮らせてもらったけど、
パオロさんの顔がぼやけて、心霊写真みたいになったから、今回は無し。

その代わり、最後に並んだので、とある人から、特別ボーナスをもらえた。
ボーナスが届くのが、楽しみ。

12/19 追記

Google のブログ検索で、「パオロ・ディ・サバティーノ」で検索すると、
なぜか、このブログが、現時点で一位、
いつも、ライブとかの内容に関しては、人の言うことはあてにならないと思っているので、
曲がどうとか、どうたらこうたらは書きません。

人の感想をみるくらいなら、聴きに行きましょう。(^_^)
都合で行けなかった人には、申し訳ないですが。

ただ、大阪のセットリストは、追加に書いときます。
多分、他の会場では、若干変わるでしょうけど。

続き →

最近、思うこと 

インターネットを始めたのは、就職したての14年前、

インターネットをやりたくて、DOS マシンを捨てて、
学生時代に貯めたお金で、
出たばかりのWindows 95の富士通のパソコンを、買って始めた。
まだ、たいしたコンテンツもなく、たしか、国内の検索エンジンもなかった気がする。

あのころは、電話回線で、ダイヤルアップしかなくて、
インターネットに接続している間は、電話が使えなかった。

それで、
電話が繋がらないと、よく怒られて、
まぁ、ポケベルを持ってたから、確か、そっちに連絡をもらってたけど、

あの時には、今のレベルでのインターネットの普及や、携帯の機能は、
20年以上はかかると思っていたけど、思っていた2倍くらいのスピードで普及した。

あのころに戻って、一人、言ってみたい人が居る、

こないなったやろ。そやから、うちは、必死やったんや。

と、どういう反応になるのか見てみたい。

でも、向こうから見たら、

先のことも、何も、ちゃんと考えてない、あほな子供やったんやろうな。
あのころの自分のわがままを、謝りたいと思うものの・・・

明日のライブ 

明日は、澤野工房のライブ、と言っても、
澤野工房主催ではなく、ホール主催。

http://www.jazz-sawano.com/concert_221-2-1.html

澤野さんも、ずっと走り続けてきて、ぼちぼち、息切れしている様で、
ことしは、ちょっと休憩と。

ライブのチケットは、いつもいつものご厚意で、
中間列のピアノの手元が見える好位置。

人とホールのライブに行く時には、席取りで悩むけど、
個人的には、最前列とかよりは、全体の音が聞こえる感じのする、
センターの中間列くらいが、結構嬉しかったりする。

でも、いつも、疑問に思うことが一つ、
このライブに限らず、ホールのライブとか、ライブハウスとかのライブで、
普段、よく見かけるジャズが好きな人は、いつも見る。

でも、
最近、沢山居てる、
ボーカルを目指している女の子とか、
ジャズをやろうとしている子は、
どんなライブでも、見かけることが、ほとんど無い。

この前も、ジャズのことを、色々しゃべったボーカルの子も、
人前で、歌うだけで、ライブを見に行く気はないと、
でも、自分のバックでやってくれる人のには、顔出しはしてると、

狭い範囲で、自分の好きなことだけじゃなしに、
もっと、色々と聴けばいいのにと、思ってしまう自分は、オヤジなんやろうか。w

ルパンに盗まれた (T_T) 

うちらの世代には、あこがれのルパン三世。

最近、渋谷のモヤイ像や、ミナミのくいだれ太郎を盗んでたらしいけど。

このブログも盗まれてしもた。w

嘘やと思うなら、右側の「 Steal 」を、クリック w

でも、BRUTUS 中吊り広告は、欲しい。。。。

まだ、あるんやろうか。

http://steal-japan.jp/

Ballads 

これも、最近、聴いてなかった CD

最近、あった映画じゃないですよ。w

BalladsBallads
(1995/06/27)
John ColtraneElvin Jones

商品詳細を見る


これも、一時期は、ひたすら聴いてた。
って、みんなそうか w

この辺を聴いてた時期は、大学が終わると、すぐバイトに行って、
バイトがあがると中途半端で、ひたすら、CDを聴いてた記憶しかない。

この CD で一番の思い出は、夜、部屋で、一人酒しながら聴いてて、
朝にも、これを聴いて、何となく飲んで、大学に行く気を無くしたことかな w

Midnight Blue 

これも、久しぶりに聴いたCD (笑)

ミッドナイト・ブルーミッドナイト・ブルー
(2009/06/10)
ケニー・バレル

商品詳細を見る


これも、一時期、良く聴いた。。。

前々から、大和証券の CM で流れてる曲が、ずっと気になっていたけれども、
これを聴いて、あぁ、一曲目の Chitlins con Carne と気づいた。

そういう曲が、最近、多い、多い。

最近、聴いてない CD シリーズの発掘は、まだまだ続く w

今年の澤野工房のライブ 

今年の澤野工房のライブは、澤野工房主催はなしで、
ホール主催のライブが一件。

よく売れた、Nikoletta Szoke が来るかと思っていたけど、
アカンかったみたいで、今回は、一人だけのライブ。

パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ 日本ツアー
http://jazz-sawano.com/concert_221-2-1.html?PHPSESSID=7a375586122830099128d6c24b20c71f

後、2週間で、ライブ。

楽しみです。

Cool Struttin' 

もう一つ w

最近は、最近触ってないなぁという、
CDラックの棚から、何枚か持ち出して聴いてる。

下の記事の Ray Bryant Trio もそうなんですが、

これもそう w

Cool StruttinCool Struttin'
(1999/04/07)
Sonny Clark

商品詳細を見る


久しぶりに、聴くと、やっぱり良いもんです。

Cool Struttin'
Blue Minor

トランペットやってるとき、この二曲は、ひたすら練習してました。

このジャケットも、セクスィー美人ですね w

Golden Earrings と Angel Eyes  

久しぶりの書き込みです。

前々から、

Golden Earrings

を聴くと、その後には、何故か、

Angel Eyes

のメロディが、絶対に頭に浮いてしまう。

知り合いのライブとかで、Golden Earrings をやったりすると、
Angel Eyes をやって、と頼んだりしていたのですが。

今日、久しぶりに聴いた CD が有って、理由がようやく分かりました。

これやったんですね。

1曲目が、Golden Earrings
2曲目が、Angel Eyes

Ray Bryant TrioRay Bryant Trio
(1994/01/15)
Ray Bryant

商品詳細を見る


渋い、いいアルバムです。
確かに、一時期、ずっと聴いてました。

今日も、仕事をしながら、3回ほど聴いてしまいました。
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。