What a Wonderful World

大阪に棲息してる、Jazzと日本酒と自転車と本が大好きな人間のよしなしごとを・・・・
 
 
プロフィール

えみぞう

Author:えみぞう
大阪に生まれて、
徳島に行き、
滋賀に移って、
大阪に舞い戻り、
その後は、
華のお江戸に行って、
お江戸の水があわずに、
大阪に戻ってきた、
通天閣を見ると安心する

アメショー柄の ねこ です。

ここから、メールできます

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
CalenderArchive
Facebook

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JazzCafe Murra 

下の御所を見た後、ぶらぶらと歩いて、4年ほど前に出来た、ジャズ喫茶に行ってきました。

JazzCafe Murra
ジャズカフェ・む~ら(むーら)
http://murra.exblog.jp/
オーディオ関係は、Web を見てくださいね。

Google Map での地図

町中からは、ちょっと離れているんですが、良いお店です。
実は、越智順子さんを最後に聴いたのは、このお店です。(T_T)

2時間ほど、ALTEC から出てくる音を楽しんできました。

ここから、町中に戻る途中には、他のジャズ喫茶もあるので、
今度は、そこら辺も回りながら、一日うだうだしてたいものです。(笑)
スポンサーサイト

京都御所一般公開 

天皇皇后両陛下御結婚満50年記念京都御所特別公開
http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html
に行ってきました。

京都御所は、中を自転車で走ったりして、何度か通ったり、桜を見に行ってましたが、
今回の場所に入るのは、当然、初めて。

衝立 岩に唐鳥

綺麗な絵でした。

儀装馬車

結婚式の時に、一緒に走ってた馬車らしいです。
えみぞうは、こういうモノを見ると、ランプは何を使って、照明にしていたんやろうとか、
そんなことが気になります。(笑)

どっかの屋根(爆)

でも、垂れ幕が、紅白ではなく、青白なんです。
他の所も、紅白を使っていませんでした。

庭です、そとの木と比べて、今回の特別公開の場所の木の方が、
ものすごく手入れがされていた気が、、、
でも、綺麗な庭でした。




通路沿いの壁の屋根瓦に、花がついてました。
細工が細かいです。


御所の中にはいると、外周の木が音を吸収するから、外の音が聞こえなくなるんですよね、
今回の場所は、初めて入りましたけど、綺麗でした。

春です 

自転車に乗ってると、四季の移り変わりって、よく分かります。





花が綺麗に咲いてました。

でも、名前は知りません。(爆)

今日の
走行距離:17.31km
走行時間:54分
平均速度:18.9km/h
最高速度:33.5km/h

Jazz Snob 

えみぞうの一番嫌いな人たちです。

自分は、ものすごくジャズを聴いているんだぞ。

今の若手なんか、全然、だめだめ。
古いのを聴け、新しいのはアカン。

何か、イベントが有っても、そのイベントに対して、文句しか付けない。

そして、自分はものすごくジャズに対して、真剣であって、
自分の言ってることが、一番正しいと思いこんでいる人たちです。

今日、久しぶりに、そんな人を見ました。

あぁ、やだやだ (-_-#)

でも、自分も、そんなんになってないかな。
反省。反省。

Cafe Mint 

久しぶりのジャズ喫茶です。

知り合いの Blog に書かれていたので、近所に行ったついでに寄りました。

Cafe Mint
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=mintjam&id=5



Google Map での地図

行った時は、夜のライブの準備をされていましたが、
壁一面に、CDとレコードが飾ってある、喫茶店でした。

造幣局の桜の通り抜け 

今年最後のさくらになるでしょうね。

造幣局の桜の通り抜けを、見に行ってきました。
http://www.mint.go.jp/sakura/index.html

半分は、人を見ていた気もするんですが w

造幣局の桜

綺麗ですね、造幣局のさくらは、ソメイヨシノではなく、花びらがいっぱいあるサクラです。

造幣局の桜

携帯電話の割には、綺麗に取れました。

造幣局の桜

花びらワシャワシャです w

造幣局の桜

越前クラゲの大群みたいな、サクラの大群です (爆)

高槻ジャズストリート 

又、この季節が近づいてきました。

高槻ジャズストリート
http://www.0726.info/
開催日時 : 5月3日、4日

東京に行ってた2年間は、行ってなかったですが、
今年は、大阪に戻ってきたので、又、行こうと思っています。

第一回目から、毎年、見に行って、全てのパンフレットは、置いてます。

年々、規模が大きくなって、呼ぶ人も増えて、
高槻の一大イベントになり、
もちろん、ノーギャラ・チップ制、ボランティアベースのイベントって、
もの凄いことだと思いますが、

果たして、
第一回目の頃に、思っていた方向なのかなと
疑問に思うこともあるんですが。。。。。。。

でも、折角のイベント、募金もして、来年も出来る様に盛り上げていきたいです。

梅田のはがくれ 

知り合いが、高松にうどんを食べに行くと聞いたので、無性にうどんが食べたくなって、

大阪では有名な、うどん屋さんの「梅田はがくれ」に行ってきました。
http://www.hagakure.cc/

はがくれ

美味しかったです w

又、高松、うどん食べまくりツアーに行きたいなぁ。。。。。。

自転車が流行ってます、、、、でも。 

最近、マウンテンバイクで、川沿いを走っていると、
やたらと、自転車の人を見かける様になりました。

自転車雑誌も、本屋に行くと、以前は月刊誌が3,4誌だったものが、
10誌程度に、なっています。
えみぞうが自転車に乗り出した頃に比べると、自転車への注目度が、雲底の差です。

最近では、
子育てするお母さん用の3人乗り自転車も、その要諦が決まって、製品化の見込みも立って、
よく、テレビのニュースでも取り上げられていますが、

何よりも、自転車が走る道を、歩行者とも、車とも分けて、ちゃんと造る方が先だと思うんですが。。。。

そうすれば、みんなが安心できると思うんですが。

ちょっと自分に気合いを入れたい時 

疲れてる時とか、ちょっと自分に気合いを入れたい時に聴くのは、この二枚です。

Mingus at Carnegie HallMingus at Carnegie Hall
(2000/03/13)
Charles MingusRahsaan Roland Kirk

商品詳細を見る


Mingus は、やっぱり、存在感があります。

Montreux AlexanderMontreux Alexander
(2007/11/12)
Monty Alexander

商品詳細を見る


こっちは、仕事とかで、人と会う前に良く聴きます。
楽しく、盛り上がれます。

ちなみに、30年記念と言うことで、『 +3 』が出てます。
未発表曲が入る盤は、好きではないんですが、ついつい、買ってしまいました。(爆)

Monty Alexander: 30th Anniversary Edition
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2631434

嵐山のさくら 

平日に、嵐山の桜を、見に行ってきました。

桜

何年か前に見に行った時には、土曜か日曜に行って、
桂から阪急電車が、御堂筋線並みのぎゅうぎゅうヅメだったのと比べると、
スキスキの電車に乗れました。

嵐山に行くと、花見をしていたり、夜に向けて場所取りをしてましたが、まだ空いてる方。
やっぱり、観光シーズンの京都に行くには、平日が一番です。

池波正太郎と言う人 

もともと、時代劇が好きだったので、

水戸黄門と言えば、東野英治郎
遠山の金さんと言えば、杉良太郎

と言った感じで、小さな頃から、時代劇を見てました。

でも、中学生くらいになるとすれてきて、ただの勧善懲悪に惹かれなくなって、
あんまり見なくなったんですが、

中村吉右衛門の鬼平犯科帳が始まると、これが面白かったので、見る様になり、
小説を買う様になってしましました。

気がつくと、池波正太郎の作品のほとんどを、持ってる様になりました。
これが、読みだすと、止まらなくなってしまうんですよね。

東京にいる頃には、幾つか、作中に登場する場所にも行って、
あんまり、感動することもなく、終わりましたが (笑)

でも、昔の人は、あの距離を歩いて移動していたんですよね。
今から、考えると、凄い健脚です。

鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)
(2000/04)
池波 正太郎

商品詳細を見る


剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
(2002/09)
池波 正太郎

商品詳細を見る


殺しの四人―仕掛人・藤枝梅安〈1〉 (講談社文庫)殺しの四人―仕掛人・藤枝梅安〈1〉 (講談社文庫)
(2001/04)
池波 正太郎

商品詳細を見る


真田太平記〈1〉天魔の夏 (新潮文庫)真田太平記〈1〉天魔の夏 (新潮文庫)
(1987/09)
池波 正太郎

商品詳細を見る
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。